TPT @ベニサン・ピット
自由な表現の実験に挑戦する場として、世界の演劇人に愛され、
すべての人に向って開かれ、力強く生き続けている並外れた、
小劇場ベニサン・ピットが、突然、その命を絶たれようとしています。
このことについて一連の経緯、現況はTPTホームページで報告していきます


18世紀フランス古典×21世紀コンテンポラリー
TPTは10月の連続公演に向け2作品のリハーサルに邁進中です。
10月10日オープニング、マリヴォー『いさかい』は
現在、ベニサン・ピットにセット、衣裳、照明、音響が入り、
テクニカルリハーサルが進行中、舞台創造のエネルギーが溢れています。
第1スタジオでは、イギリス・コンテンポラリー演劇の旗手、
サイモン・スティーヴンズ『広い世界のほとりに』が、演出/出演の千葉哲也さんを中心に、言葉を大事にして、シーンを立ち上げていく緊密なリハーサルが熱く進行しています。
モリエールでスタートした17〜18〜21世紀世界戯曲の旅いよいよ充実しています。

かどい


 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。