2006春、TPT花見の宴。[文章]

今年は、ルネ・ポレシュ東京最後の晩、春の嵐が吹きあれました。
ベルリン公演実現に向け、寒空もものかはおおいに盛り上がりました.。
ルネの去ったベニサン・ピットでは、いまもソイレントグリーンの緑の吹雪が舞っています、16日まで。
そして、ロンドンでビッグイベント「シナトラ」をオープンしたTPT芸術監督デヴィッド・ルヴォーが、21日からのマスタークラス・ワークショップのために帰ってきます。93年に演出した、ノーベル賞作家ハロルド・ピンターの「背信」をテキストに“官能”を探究します。

かどい

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。