梅雨の終わりのタンゴ、真夏の子守唄。[文章]

「血の婚礼」白熱しています。
ダンスリーダー中村音子さんの情熱によって、婚礼シーンの“タンゴ”がとてもセクシーです。
後藤さん作曲の子守唄が懐かしく流れています。
スタジオにいるといつも松本きょうじさんのことが甦ってきます。
TPTスタートの1993年デヴィッド・ルヴォー演出「あわれ彼女は娼婦」、豊川悦司、西牟田恵演じる兄妹の運命を、タンゴを踊りながら陰であやつるヴァスケスの松本きょうじさんです。
デヴィッド・マメットの初期の難解な作品「シカゴの性倒錯」で演出のアリ・エデルソンともに格闘した松本きょうじさんは今回「血の婚礼」出演を大変喜んで準備されていたさなか、急逝されました。
慎んでご冥福を祈りつつ、アリ・エデルソンとカンパニー、スタッフ一丸となって8月5日の初日の奇蹟に向かって邁進しています。

TPT かどい

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/41932405
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。