『ANGELS』リターンズ

ベニサン・ピットが遠吠えしています。
耳に馴染んだ音楽がきこえてきました。
客席中央にプロダクションのカリスマ、ボブさんの巨体、
“ストップ!”“ストップ”の声が“ボブさんマジック”。
キャストのあいだにあらたなエネルギーが生まれ、
シーンが生き返り、物語を前へ前へと進めていきます。
トニー・クシュナー作『ANGELS IN AMERICA』1部ミレニアム
・2部ペレストロイカ通しでリハーサルしてみてあらためて
その奇跡のような、壮大なストーリーが実感されると同時に
ライトな感覚、スピードで展開するストーリーを支える、
スタッフワークの仕事量も並外れて莫大で“凄い”ばかりです。
そんなカンパニーの中でニューカマー宮光真理子さんが、
『黒蜥蜴』早苗に引き続き、ハ−パー役でファンタジーの世界を
縦横無尽、神出鬼没に飛び回り、一際輝きを放っています。
3.20 さあ、大いなる旅がはじまる!
皆様とともに、オープニングナイトの奇跡を楽しみたいと思います。

TPT 門井均

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/41932410
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。