長くご無沙汰いたしました。
TPTフューチャーズ-Summer2007
『三人姉妹』・『The Distance From Here』
の熱い連続公演につづき、
ヨーロッパ女流劇作家シリーズ第一弾『PIAF-A play with music』の千穐楽、
“ラビアン・ローズ”+“愛の讃歌”の
スペシャルで熱狂的なカーテンコール。
ほんとうにありがとうございました。

ようよう秋めいて、
日本初演のヤスミナ・レザ作
『スペインの芝居』の幕が上がりました。
泣いて、怒って、喚いて、呻いて、弾く、
圧倒的に存在するキャスト。
二重三重に仕掛けられた言葉、
母娘・夫婦・家族とは、
人生の過ぎ行く時とは、
役者とは、芝居とは。
現在、ヨーロッパ演劇シーンの最先端
をリードする作家の最新作は、
とても刺激的です。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。