奇妙なタイトル 『スペインの芝居』
A film director in theater
Daisuke Tengan makes his debut
with “ A Spanish Play”

IMG_6658.JPG

10/18付The Japan Timesに『スペインの芝居』
天願大介さんの初演出が紹介されました。
森下のベニサン・ピットでの映画監督の舞台演出
ということでは、1989年アンジェイ・ワイダ監督の
『ナスターシャ -白痴-』 (坂東玉三郎さんの
ナスターシャとムイシュキン公爵二役)があります。
なかで、天願監督は
“Theater is the mother of movies
and photography is the father”
と、とても興味深い話しをなさっています。

かどい

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/62256485
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。